医師転職サイトにも求人あり―神奈川の産業医の需要・産業医について

東京だけでなく神奈川でも産業医の需要は高まっている

企業で働く人間の健康管理や衛生管理を行う「産業医」の需要が、神奈川県でも高まりをみせています。東京に次いで人口の多い神奈川県には、多くの企業が本社を置くなど、経済活動が活発な地域であるため、今後も「産業医」の選定を行う必要のある会社が年々増加していくでしょう。

ブラック企業の名前が発表されるなど、労務環境を問題視されることの多い現代では、大手企業になればなるほど、従業員の働きやすさや健康度、ストレスなどへ過敏になっています。そんな悩みも、優れた「産業医」を選ぶことで、問題解決が図れるしょう。

このような理由で、企業へ豊かさをもたらしてくれる「産業医」へ、多くの企業から熱い視線が注がれています。


引用:http://fukujikai.or.jp/sangyoui

「専属産業医」と「嘱託産業医」の違いについて

「産業医」には「専属産業医」と「嘱託産業医」の二通りの働き方があります。これは、企業の規模によって、配置するべき「産業医」の数が変化するからです。

基本的な決まりとしては、労働者数が50人~3,000人以下の企業は「産業医」を一人、労働者数が3,001人以上の企業は「産業医」を二人、専任する必要があります。また、この人数の数え方は、企業全体ではなく、事業所ごととなります。

そのため、100名以上の従業員がいるものの、事業所ごとに20名程度しか勤務していない場合は「産業医」を選任する必要はありませんし、逆に300人の従業員が各事業所に50名ずつ働いているような場合は、それぞれに「産業医」を選任します。

従業員が50名~999人の場合は、「嘱託産業医」を選任します。「嘱託産業医」として働いているのは地元の開業医や医療機関で勤務している医師が多く、月に1度~数回、選任された企業へ足を運び、会議への参加や、職場チェックを行います。

従業員数が1,000名を超える事業所や、500名以上が有害業務に携わっている場合は「専属産業医」を選任します。従業員数が3,001名を超える場合は、二人の「専属産業医」が必要です。

「専属産業医」は文字通り、その企業専属で勤務する「産業医」です。選任された企業へ毎日決まった時間に出勤し、従業員の外来診療や健康診断を行うなど、企業の健康を支えていく仕事です。「専業産業医」の仕事をしながら、空いた時間に「嘱託産業医」の仕事を行っている先生もいます。

産業医になるには研修を受け資格を取得する必要がある

「産業医」になるためには、医師免許だけでなく、研修を受け資格を取得する必要があります。資格取得には、労働安全衛生法に定められた要件をクリアする必要があり、主に二つの方法があります。

その一つが「日本医師会」が行う「産業医学基礎研修」です。これを50単位終了することで、日本医師会から産業医の称号、認定書を受け取ることができます。資格には5年の有効期限があるため、5年毎に研修をうけ、資格を更新していきます。

もう一つが「産業医科大学」で行われている「産業医学基本講座」です。約2ヶ月の講座へ参加することで、認定書が発行されます。医師として働きながら「産業医資格」を取りたい場合は、夏に6日間集中で行われる「産業医学基礎研修会集中講座」もあります。いずれも、出身医学部を問わず、参加が可能なため、「産業医」への転職を視野に入れている先生は、事前に資格を取得しておくとスムーズです。

医師転職サイトにも産業医の求人あり

「産業医」の求人は、医師転職サイトでも多く見つけることができます。医師転職で有名なサイト「医師転職ドットコム」へも、多くの「産業医求人」が集まっています。どのようなエリアで「産業医」の求人が集まっているかなどは、医師転職支援サービスへ申し込んで確認してみて下さい。

プロのコンサルタントが、「産業医」の今や、「産業医」業界の情報などを交えた、キャリアカウンセリングを通じて、一人一人の先生にぴったりの転職先をアドバイスしています。

今の職場に勤務しながら、「嘱託産業医」の仕事を探すことも可能なため、まずは嘱託で働き「産業医」としてのキャリアを積むのもおすすめです。「産業医」としての能力が上がれば、医療機関へ勤務する以上の報酬が手に入る例も少なくありません。

当サイトでは良質な医師転職サイトを紹介しているので、そちらの記事もぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA