医師のセカンドキャリア。神奈川の医師の転職先に老人保健施設を選ぶ

老人保健施設の数は全国でもトップクラスの神奈川

開業医ではなく、医療機関で雇用されている医師の先生の多くが、定年近く、もしくは定年後にセカンドキャリアを積みたいと考えていらっしゃいます。医師の仕事は何歳になっても続けることが可能なため、いくつになっても現役として、華々しいスタートが切れるでしょう。

このような、セカンドキャリアを希望している先生にとって、神奈川県は大変恵まれた地域だといえます。その理由は、定年後からでも働きやすい「老人保健施設」が多いからです。

年齢を重ねた先生にとって、夜勤、当直や救急の仕事、長時間に及ぶ手術、残業などは心身に負担がかかってしまうでしょう。しかし「老人保健施設」であれば、決められた時間帯の勤務となり、手術や救急といったトラブルに見舞われることがほとんどありません。

セカンドキャリアでは「ゆったりと自分の時間を楽しむ時間も持ちたい」、という希望を持っている先生にとって、「老人保健施設」が希望を叶えてくれる場所となるでしょう。

老人保健施設は中堅~ベテラン医師の転職先として人気

高齢化に伴い、神奈川県だけでなく全国的に「老人保健施設」が増え続けています。それに比例し、勤務する医師の求人も多くみられるようになりました。

この「老人保健施設」での仕事は、転職を考えている医師の中でも、特に中堅~ベテランに向いていると言われています。これまでに働いてきた知識や経験を活かせるだけでなく、
若過ぎないことで利用者の方から、厚い信頼を得ることができます。

利用者と年が近いことで、話を合わせやすかったり、悩みに共感できたり、というメリットもあります。一般的な医療機関では、老若男女患者を選ぶことは出来ませんが、高齢者の話を聞くのが得意、年上の人間に良く好かれる、という先生の場合、「老人保健施設」を選ぶことで大変働きやすい環境が提供されるでしょう。

老人保健施設の医師(施設長)は臨床スキル以上に人間性が求められる

「老人保健施設」の医師や施設庁として働く場合、特に内科の知識が必須となります。そのため、これまでは他科にいた先生や、研究医だったという先生は、「老人保健施設」で求められるであろう内科の情報を増やしておくと、スムーズに仕事へ取り組めます。

また、臨床スキルだけでなく、「老人保健施設」では人間性が重要視されます。利用者は家族と離れるなど環境が変わり、不安定な状態です。この時、医師が利用者を明るく励ましたり、親身になって寄り添ったりすることで、状態を改善できるケースもあるでしょう。

利用者の家族、施設で働く人間、すべてを取りまとめながら、良い雰囲気づくりができる、そんなリーダーシップを持った先生にとって、「老人保健施設」最も働きやすい場となるでしょう。神奈川県での安定したセカンドキャリアを求めるなら、「老人保健施設」を選択肢の一つに入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA