神奈川で求人を探す医師にとってのメリット。神奈川の医師確保対策

求人を見る前に神奈川の医師確保対策を見てみよう

医師不足で悩む神奈川県では、医療法に基づいて適切な医療を提供できる県になるべく“医療従事者の確保”が行われています。「神奈川県医療のグランドデザイン」を策定し、神奈川県における現状の把握と分析、神奈川県が抱える問題のチェックや目標設定、目標を達成するために行うべき施策を挙げるなど、具体的な対策法が考えられています。

これらの対策は、向こう10年かけて一つひとつ取り組みが行われる、先を見越したものです。そのため目の前の問題だけでなく、将来起こりうる状況にまで考えを巡らせ、神奈川県の医療を良いものにできる方針となっています。

さらに、神奈川県では、医師不足を解消するべく「地域医療対策協議会」を活用している地域です、都道府県によっては、「地域医療対策協議会」を設置したものの、一度も協議が開催されていないというケースも見られますが、神奈川県は全国的に見てもしっかり協議が行われている地方公共団体と言えるでしょう。

神奈川県では、医師が働きやすい環境作りも行われています。医師のキャリアパス支援や積極的な職場環境の改善、後期研修医への専門的な研修の実施、マイカルテの積極的な導入、職種間の連携、チーム医療の推進、医師養成数の定員枠を増やすよう国へ働き掛けるなど、県と医療機関が連携し、前向きな動きを行っています。

医師のキャリア形成を助ける神奈川県地域医療支援センター

「神奈川県地域医療支援センター」では、都道府県が各自の責任で、地域の医師偏在問題などへ取り組むための機関です。その中でも、「医師修学資金貸与」や「キャリア形成プログラム」には強い期待が集まっています。

神奈川県の医大へ地域枠で入学する生徒は、原則として地元出身者のみとしたり、県内での初期臨床研修を行ったりなど、地域の学生に地域の病院で研修を積んでもらい、神奈川県への医師定着を図ろうとしています。

初期研修後は、へき地派遣なども含めたローテーションのある専門研修を行うことで、各医療機関の医師数を確保できる対策が取られます。これらは、これから神奈川県で転職を考える医師の負担を減らすことにもつながるため、今後も積極的に推進されていくでしょう。

勤務環境改善をサポートする神奈川県医療勤務環境改善支援センター

「神奈川県医療勤務環境改善支援センター」は、平成27年に開設された、医師の勤務環境改善を目指すための機関です。医師だけでなく看護師などの医療に携わる人間が。神奈川県以外へ転職してしまったり、離職してしまったりしないよう、現場の声へ耳を傾けています。

センターには、医療労務管理アドバイザー、医業経営アドバイザーが在籍し、各医療機関担当者へ専門的、かつ的確な支援を無料で行い、医師の働く環境を整えています。

その他にも、「神奈川県医療勤務環境改善支援センター」では、「勤務環境改善マネジメントシステム」の導入支援が行われています。この活動では、医療経営アドバイザーが医療機関を直接訪問し、医療機関自体が主導権をもって環境改善できるよう、アドバイスしています。

女性医師が働きやすいようサポートしている医療機関も多い

神奈川県では、産婦人科や小児科など、医師不足が叫ばれている科目へ就業する、女性医師が増えています。それ自体は、大変喜ばしいことなのですが、医師不足に悩む神奈川県では、医療の現場から結婚や妊娠、出産で離れてしまう女性医師への対策も、同時に強く求められています。

子どもを持っている女性医師が、働きやすい環境となるよう出産などの事情は前向きに考慮されます。また、女性医師が継続して勤務できるよう、丁寧なサポートが行われていますので、女性医師にとって大変恵まれた環境と言えるでしょう。

全国で大きな問題となっている保育所不足も、県が率先して院内保育所数を増やしているため、神奈川県で働く場合は、保活問題で悩むことはありません。 短時間勤務制度の導入促進運動なども、活発に行われているため、産後も夫婦で共働きしたい、夫に主夫として働いて欲しい、という場合も、神奈川県は優れているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA