深刻な医師不足と偏在―神奈川県の医師不足と偏在について

神奈川では救急科を除くほとんどの科が医師不足

神奈川県の医療現場の現状を見てみると、救急科を除いた、ほとんどの科が医師不足で悩んでいることに気付きます。勤務している医師の数は毎年4,000人ペースで増えているものの、高齢化で増加する高齢者医療の問題へ対応できるほどには、至っていないのが現状です。

そのため、科目を問わず、各地域への医師確保が、大きな課題となっています。深刻な医師不足を改善すべく、先生方の転科を歓迎している医療機関が多いため、神奈川県への転職を機に、これまでとは違う、新しい道へ歩み出すのも良い考えでしょう。

一時は産婦人科、外科で医師の減少が見られましたが、現在は再び増加傾向となりました。しかし、まだまだ十分な医師数とは言えない状態なため、転職を探している産婦人科医、外科医の先生は特に、有利な条件を多く見つけることが可能です。

救急科は神奈川県の二次保健医療圏別では偏在が見られる

「医師不足ではない」と言われている神奈川県の救急科医ですが、二次保健医療圏別で見てみた場合、医師の偏在が顕著となっています。特に県西部の医師不足が深刻で、救急搬送先が見つけることが難しかったり、東部の医療機関へ通っている人間が多かったりと、偏在に拍車をかけています。

神奈川県全体で見ても、県西部で勤務してくれる医師を強く求めています。著名な病院で働きたい、という希望を持った先生は都市部の求人を探す傾向にありますが、住環境ややりがい、地域密着などを目指している先生にとっては、神奈川県西部が最適な転職先となるでしょう。

今、勤務している地域が、将来的に医師過剰になると言われている場合は、安定を求めて医師が偏在している地域へ転職するのもおすすめです。神奈川県は、今後を通じて医師不足が予想されるため、一部地域で始まっている医師リストラとは無縁でいられるでしょう。

現在も医師不足の神奈川県、しかし年度別でみると医師は増加傾向

平成16年には27.0万人しかいなかった医師数も、平成26年度には31.1万人になるなど、医師数は増加傾向にあります。若い医師の確保など、積極的な医師確保対策が行われていますが、それだけでは目標として掲げる医師数を達成することは難しいでしょう。

そこで求められているのが、神奈川県以外で勤務している医師の転職です。医師としての確かな知識や実績を持った先生が、神奈川県の医療を後押しすることで、医療機関にとっても、患者にとっても不安のない環境が整っていくでしょう。

実際に、医師転職サイトの求人情報を見てみると、神奈川県の求人は非常に多く、待遇も良いことが分かります。働く地域にこだわらず、医師として活躍したいと考える先生が神奈川県へ多く来てくれることを、県関係者、医療機関、地域の人間すべてが、強く願っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA