神奈川県は診療所も不足。神奈川で開業するのにおすすめの場所

神奈川県の診療所は人口対比で見ると不足、開業医の需要は高い

医師不足で悩む神奈川県を救うべく、開業を目指す先生もいらっしゃるでしょう。医師、診療所ともに不足している神奈川県では、医療機関で雇用され働く医師だけでなく、新規に開業を考えている先生方を大歓迎しています。

その他の都道府県では、科目によっては医師が過剰になっている様子が伺えますが、神奈川県では全体的に医師数が足りないため、何科の先生であっても、経験やスキルを存分に生かせる点も特徴です。

県央地域では内科医不足、湘南地域では産婦人科不足、といった地域によって求められている科目があるため、得意としている科目の医師が足りない地域を選ぶと、より地域に愛され、安定した病院経営を行うことができます。

また、神奈川県には、開業するのにちょうどいい立地の土地や建物が、多く見受けられるという特徴があります。地域によっては、「患者が通いづらいエリアしか良い場所がない」、という悩みを抱えることもありますが、神奈川県での開業なら、場所選びで困ることはないでしょう。

横浜市は住みやすく開業地におすすめだが、人気のため競争も激しい

神奈川県、と言えば一番に浮かぶのが「横浜市」です。住環境が良く、レジャーにも育児にも最適な「横浜市」に住みたいと考える先生が多いため、医師の足りない神奈川県ですが、科目によっては激しい競争に巻き込まれてしまうケースもあるでしょう。

「横浜市」での開業を考えるなら、診療所数や状況を事前に調査し、立ち入る隙があるかどうかを事前に必ず確認してください。地域の情報に強い、コンサルタントを頼るのも良いでしょう。

あえて「横浜市」に住み、通いやすい近隣地域で開業する、という手段を選んでいる先生の姿も見られます。

神奈川県内でも人口が増加する川崎市では患者数も増える見込み

ライバルの少ない地域で開業医として活躍したい場合は、「川崎市」を選択肢に入れてみましょう。「川崎市」は今後人口が増加すると言われているエリアです。その一方で、現状ではまだまだ医師が足りない状態となっています。

これから先、人口だけでなく患者も増えていくと予想されている「川崎市」を選べば、生涯を通じて安定した働き方ができるでしょう。神奈川出身ではない開業医が多い地域でもあるため、地元に縁がない先生であっても、温かく迎え入れてくれるアットホームな雰囲気も魅力です。

相模原市は内科・小児科の診療所が多い地域、開業医のニーズも高い

神奈川県で、開業医のニーズが高い地域の一つに「相模原市」が挙げられます。内科や小児科が多い傾向にありますが、より地域に密着した開業医の登場を、地域全体で待っているエリアです。

「相模原市」は、在宅ケアへも力を注いでいるため、往診に応えてくれる開業医であれば、より地域にとってなくてはならない存在となるでしょう。

神奈川県外から開業を目指す場合、まずは神奈川県の医療機関に勤めながら、開業を目指すという方法も向いています。人脈を作りながら、知識を高めた上で開業することで、多くの信頼を獲得できます。

開業する場合は特に、内科の知識が求められるため、他科が専門である場合も、一度内科医として勤務してみると良いでしょう。内科医不足の神奈川県で働くことは、重要なポジションを任されるチャンスが多くなるため、様々な症例を机上ではなく、自分自身の経験として学ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA