失敗してからでは遅い!医師転職の失敗例まとめ

医師転職は失敗すると後のキャリア形成に関わる

医師転職を成功させるためには、実際の失敗例へ耳を傾けてみましょう。一度の失敗がその後のキャリア形成へ大きな影響を与える場合もあります。転職はその後の生活を豊かにし、活躍の場を広げる機会にする必要があります。

転職活動でミスしてしまった例では、「その後の再転職が不利になってしまった」「再び転職を考えるのが怖くなってしまった」という声も聞かれます。焦らず一つひとつ確認することでこれらの失敗は防げますから、医師転職に強いコンサルタントと二人三脚で、じっくり話を進めていくのが正解です。

実際にあった医師転職の失敗例

それでは、実際にあった医師転職の失敗例を具体的にご紹介します。先輩医師の失敗談を知ることが、収入面だけでなく、労働環境や人間関係などでも満足のいく医療機関を探すきっかけになるでしょう。

早く転職先を決めたくて、1つの病院しか見ないまま決定してしまった

医師転職で多くみられるのが、転職を焦っている、という例です。現在の職場環境が過酷であったり、人間関係で悩んでいたりする先生ほど、早く環境を変えたいと願いがちです。

一つの医療機関しか見ていないのも関わらず、「今よりは良さそうだから……」と決定してしまった例では、その後より良い求人が次々と見つかり、大きな後悔に苛まれたそうです

一度転職を決めてしまってからでは、「再び転職します」とはなかなか言いにくい上、次の医療機関との面接で「またすぐに辞めてしまうかもしれない」という不安を与えてしまいます。

このような失敗に陥らないためにも、転職サイトのコンサルタントから、いくつかの医療機関を紹介してもらい、気になる病院はすべて自分の目で確認する、といった行動が大切です。

収入面を気にするあまり、労働環境を考えていなかった

医師転職を思いたった理由は、収入をアップさせたいから、という先生が少なくありません。しかし、収入ばかりに捉われてしまうと、環境面で辛さを感じてしまう場合があります。

実際に合った例の中には、好待遇な求人を見つけ、詳しい仕事内容まで確認しなかった結果、「拘束時間が長い職場であった」という例や、「24時間オンコールを求められた」という例など、身体を壊してしまうような劣悪な労働環境の職場であったケースもあります。

いくら収入が約束されても、健康を害したり、自分の時間が持てなくなってしまったりしては本末転倒でしょう。このような事態を防ぐためには、医療機関との条件交渉を確実に行っておくことが重要です。

自分からは言いづらい交渉については、ドクター向け転職サイトのコンサルタントへ依頼しましょう。各医療機関の現状に強いコンサルタントと出会うことで、働きやすい転職先を見つけられます。

この他にも、オペがしたかったのに執刀させてもらえない、キャリアを形成したかったのに何も学べない、上にベテラン医師が多くいて昇給や昇格が期待できない、といった例もあります。

失敗を防ぐためには一にも二にも情報収集と心得て、インターネットや、仲間の医師、大学の先輩、後輩、転職コンサルタントなど、あらゆる方面から情報を集めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA